ことばの学校

ことばの学校

ことばの学校とは

PCで再生した朗読音声を聞きながら、音声にあわせて読書をしていきます。

朗読音声のサポートにより、読書に集中、読書速度もアップ。
あらかじめ選ばれた「良書」をたくさん読むことができます。
結果、語彙力と表現理解力がアップし、国語力が高まるプログラムです。
ことばの学校では「読むとくメソッド®」と呼んでいます。
本を楽しんだら、読書の前後で取り組む「読書ワーク」で、本の中に出てくる語彙・表現を効果的に学んでいきます。

読むとくメソッド®

良書多読・速聴読

読書体験をより着実な日本語力につなげるために開発された、日本ではじめての、まったく新しい日本語学習システムを提供いたします。
通常読書は、音読か黙読ですが、このプログラムでは、朗読音声を聞きながら名作を読み進めていきます。 音声を聞きながら本を読むことにより、読み聞かせの効果と同様、読書への負担感が軽減されます。
また、音声を聞きながら本を読むことにより、読書への集中力が高まります。
朗読音声のスピードは倍速が変換でき、徐々に読書スピードを上げることができます。

読書ワーク

「ことばの学校」では、「合格する力は国語から」をコンセプトに、すべての教科の土台となる国語力を強化するための独自カリキュラム・教材の開発を進めてきました。 その1つに「読書ワーク」があります。
せっかく良書を読んだのならば、それを語彙の強化、読解力の強化につなげたい。しかも、読書の楽しみを損なうことなく、子どもたちが意欲的に取り組める構成で、効果的に語彙・表現が涵養できるものでなくてはならない。かつ、入試で問われる語句の意味・用法にも対応したい、というちょっと欲張りな問題構成になっています。

読書指数®診断

「国語」の力は全ての科目の基本になる重要な力ですが、伸びにくく、また見えにくい力とも言われています。ことばの学校では、国語の力の基礎をなす「語彙力(ことばの力)」と「読書速度(読む速さ)」に焦点を当てて、診断ツールを独自に開発してきました。毎年2回、継続して国語の基礎力を診断しています。

速読? いいえ、速聴読です!

子どもたちの成長に伴う「ことば」の獲得、そこで重要なのは「映像」と「音声」の一致です。
文字を覚える前の段階では、ことばは耳から入る「音声」です。音声によってモノを意識し、イメージを浮かべます。
その後、文字を覚え、文字を読む段階に進みますが、このとき注意したいのは、文字が読めること=文章が理解できること と簡単には結びつかないということです。

文章は、「単語」の意味がわかり、文節相互の関係(文の成分)や文と文の関係(文脈)が正しく把握できてはじめて、理解できたことになります。

アルゴの「ことばの学校」では一見矛盾する、「速読」「精読」「多読」を融合し、お子さまの完全な言語能力の取得と速読能力の開発を図ります。

「ことばの学校」には「論理エンジン作文教室」と有機的にコラボした「読書の森プロジェクト(90分×4回/月)があります。 詳細は担当者にお問い合わせください。

指導要項

入会金 16,200円
施設管理費 1,080円/月
指導料 月4回…8,640円・月8回…15,120円
※学童クラブアルゴCanDo・ロボット教室・パズル道場と同時受講の場合
月4回…6,480円・月8回…10,800円
教材費 必要に応じて適宜ご納付いただきます。
指導日時 FreeTime・60分×4回/月 又は 60分×8回/月

指導料等には全て消費税が含まれます。

無料体験指導&無料教育相談 お申し込みはこちらから
無料体験指導&無料教育相談 お申し込みはこちらから